「安酒喰らったアヒル」は管理人のわりとどうでもいい日常を綴った総じて役に立たない趣味系ウェブサイトです。

Us:track『恋×シンアイ彼女』応援中です。

●更新するほどでもないネタ帖&備忘録+一言

2017年02月26日(日曜日)

「NIPCOM 第10回 プラモデル展示会」 7月16日ですよ [ 19:02:27 | イベント ]
今年は「新潟県民会館 3階 ギャラリーB」だそうです。流浪の展示会にもほどがある。

キューズQ「高雄」

 ニチアサで「ユニコーン RE:0096』」が始まるということで、とてもひさしぶりにこの時間帯の番組をみたんですが、うっかりすると9:00になっているという罠が待っていると学習済みなので、ユニコーン終わったらすぐにTVを消した日曜日。
 その後、UCの円盤を1巻から見始めて結局TVみてんじゃね?って気がしなくもないですが、BGV的に流してるだけなので大丈夫!
 とりあえず5巻まで見てやめました。まぁ、2週間くらい前に6・7巻を見てたというオチでして、ユニコーンはオチが分かっていてもついつい見ちゃいますな。

 さて、先のWF2016冬でキューズQの「高雄」のキットが販売されていて「もう出るのか!」なんてうらやましく眺めていたのですが、早々にオンラインショップで販売も開始されたので当然のごとく購入。
 で、パーツチェックも済ませて、ちょっくらイヂろうかと手をつけ始めたら・・・。左足の下になにやら土台らしきパーツがあると説明書に書いてある。

lib618

あ゛ー、なんでパーツチェックで見落とすかねー。まぁコレはアレだ。そんなの入ってなかったから、説明書のミスだろー。と思いつつ、改めて公式ページで組み立て例をみたらしっかりクリアパーツの土台がある。
 つまりなんだ。簡潔に述べるとパーツが無い、と(結論)
 そうは言ってもこのパーツを請求するのもなんだし、本当は無いのが正解だよー!なんて言われると小心者は死んでしまうので作りますです。

lib619

んでもって、つくったー! もうちょい整えて来週は型取りしてクリアパーツに置き換えよう。クリスタルレジン死んでないことを祈りつつ。
 でも、次回のTF有明にキューズQさんが出てたら直接パーツの有無を聞いてみようかなぁ。

恋×シンアイ彼女 ビジュアルファンブック

 あたたかくなってきたので運動でもしようと、夕方散歩に出てやき鳥買って帰ってくるという、健康的でない運動をした本日。
 「恋×シンアイ彼女 ビジュアルファンブック」。サントラのCDが付くってことで迷わず購入を決めたのですが、エビテンで買うと折り目なしのA2ポスターが特典ということでそこをチョイスした。結論としては間違ってなかった、と。
 終章のシナリオがずいぶん精神的ダメージの高い内容だったので、インタビューなんかの内容にも期待していたのですがあんまり突っ込んでは触れてなかった。当然、つくった方はアレはアレ、ってことだろうし、それぞれの受け止め方があって良いってことだとつくづく。
 サントラの方は作業用にちょうど良いので、やっぱり購入して間違いなかった。

 それはそうと、そろそろ次のエロゲーは何が良いですかね? 年明けからひさしぶりにオーガストの作品を買ってみようかと「千の刃涛、桃花染の皇姫」の情報チェックしてたりしてたのですが、発売はもうちょっと先のようですな。
 そうこうしてたらゆずソフトの新作「千恋*万花」が7月29日って発表されてこっちも良いかなー、なんて思ったのですが前々作の「天色*アイルノーツ」を全クリアしてないことを思い出した。や、したっけか?
 そういえば feng の「夢と色でできている」はどうなってんだろう。発売するのかな?

蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐ Cadenza の円盤

 待ちに待ちわびた「蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐ Cadenza」のBlu-ray。すでに2回観たので特典DSICの「Character Songs LIVE "Blue Field" -Finale-」を見ようかなと収録時間をみたら162分。通してみたいがためになかなか時間が取れずようやく先日見れたのですが。
 相変わらず Trident すげー! っていうのはそうなんですが、今回は「霧の生徒会」にやられた。いろんなところで写真は見ていたのですが、映像として歌っているのを見たらなんかすばらしいクオリティで惚れる。カッコいい!。そして「これいるー?」「いるいるー!」までがワンセットなんだと再確認した。
 3日には幕張メッセで Trident ラストライブ。行かないけど、これで終わりだなんて思いたくないですなぁ。

バラして戻して

 アルスノヴァも終わったので、フィギュアに戻ろうかと思ったのですが、アルスノヴァの気分転換にバラしてイヂくり回してたWAVEの1/35スコーブドッグをバッサリ塗って元に戻したこの週末。
 武器だけ塗ってないけど、基本的な部分は2日で塗れると。といいますか、組み立ての最中にこんなにポロポロ塗膜剥がれるとは思わなんだ。最低限でも洗剤漬け置きとかしとかないとダメなんですかね。
 主に、肩と頭を鋳造っぽくして、スモークを開口して、ターンピックを可動にしたり、ショルダーロケット1発無くしたり、みたいなことしてたのですが、やっぱ基本工作がアレすぎて効果イマイチ。もうやらない。
 ターレットレンズは、スターブライトシルバーで塗装して凹んだ部分にガイアノーツのUVジェルクリアを埋め込んでクリアーを塗ってみた。これは割と良い感じだったので次回もやろう。
 ちなみに元旦に仮組みしたときにターレットレンズの組みたて間違ってました。最低野郎の風下にも置けないレベルだった。
 塗装は、ガイアノーツのボトムズカラーを使用。最初の頃は馴染めない色味でしたが大分慣れて来た気がする。ムリに変えるつもりなければこれでもいいかなー、と。思いつつももうちょい暗いといいのにとやっぱり思う。
 あと、再組立ての最中にポリキャップ硬くて1ヵ所折りました。やっぱりかー!!!
 まぁ、まだ残り7体あるんだ。じっくり遊ぼう。

lib617

アオシマ「1/700 蒼き鋼 イ401 "アルス・ノヴァ" モード」完成ー

 正直、何度途中で組み立てるのやめようかと思ったことか。当然最後は勢いだけで組み立てたので、あ!あ!みたいな場所が多量にある訳なのですが、一番ダメなのは煙突のバイナルパターンを前後(左右)間違えたということですかね。もう塗りなおす気力が無かったです。
 マーク関連以外のバイナルパターンは、デカールをスキャン>トレース>カッティングプロッターでマスキングシート作って、ガイアノーツの「アルスノヴァカラー」の「ルミナスブルー」で塗装。最終的にはデカールじゃなくて良かったよ。
 だって、こんな形状な部分にデカールをちゃんと貼る自信はゼロです。

lib615

誰だよ!こんなの考えたヤツ!ってマジ思った。マスキングシートも浮きまくってどうしようか悩んだけど、エアブラシを可能な限り直角に!とか力技で乗り切った。
 まぁ、通常見てるとあんまり分からんけど、ブラックライト当てるとくっきりするんですよ?

lib616

 この辺もデカールよりは良かったかなー。と
 ま、組み立てあがれば何でも楽しいのが模型ってことで。
 あとあれだ、正誤表どおりに組み立てると組み立てられないという、すばらしいオチが最後に付いた。仮組みはちゃんとキッチリやらないとダメだなと痛感。(ちなみに「誤」の方で組み立ててあります。つかこの方がバランス良いという不思議

 それはそうと、人生初戦艦プラモデル。なんつーか、改めてお船モデラーの凄さってのを知ったね。今後戦艦プラモデルを見る目が完全に変わる。良い勉強になった。
 特にあれだ「手摺」。当然、初心者がマネできる芸当じゃないのですが、無いとすごい寂しいというか間が持たない気がする。このイ401で言えば潜水艦の艦橋部分や、船体周りに本来あるはずの手摺がないのですが、特に艦橋部分はさすがにどうかと思うレベル。
 次回、お船作る機会があったら手摺に挑戦してみたい気はする。まぁ、気がするだけ。つか、お船プラモデルはクセになりそうで怖いですな。
●アオシマ 1/700 蒼き鋼 イ401 "アルス・ノヴァ"モード: http://www.aoshima-bk.co.jp/product/4905083011430/

 壊しちゃう前に写真も撮影したよ?
これで心置きなく次に行けるぞい。

残念なお知らせ

 もう2月が終わりそうです。
 ということで、気が付いたら2月終了です。2月逃げるといいますが、毎年2月は仕事が詰まり気味なのでそうでなくても早いのですが、更新してないのはきっとブラウザゲームのせいに違いない。そう一念発起して現在「俺タワー」経ち中。今日で3日目なのですが最近はデイリーイベントとかで課金以外に時間も持って行かれるようになったので正直ムリっぽいぽい。
 まぁおかげさまでこの週末はたっぷりプラモデルと戯れてた。ずっと悩みまくって止まってた「イ401 "アルス・ノヴァ" モード」を塗り始めましたよ? ナニ悩んでたかというと単純に配色。ビジュアルブックとかTVといろいろ見たけどなんかこれだ!っていう正解がみつからなくて結局オレオレ配色にすることにして解決(ぇ
 そしてもう1点。バイナルパターンをデカールを使うか塗装にするかという点。そりゃ、デカールが安全確実って気もするのですがなんせデカール苦手でして。。。それならば塗装ってことで、カッティングプロッターでマスキングシート作って、昨年発売されたガイアノーツの「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- カラー」でって・・・。
 あ゛ー、どちらもメンドクサイ。

 ちなみに「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- カラー」。各所にレビューも上がってますが結構光ります。
 通常光ではこんな感じの色

lib609

が、ブラックライトを当てると

lib610

こんくらい。楽しいのですが、やや光りすぎてブラックライト当てた感じではディテール潰れる印象はあります。
 隠ぺい力はほぼ皆無じゃないかと

lib612

しっかり吹かないとベースの色のついたクリアも出てこない印象はあります。あと写真撮り忘れましたが、ブラックライト当てた際の光は結構透過してくるので、先に塗って不要な部分を他のカラーで上塗りしても漏れてくるので塗り順も注意です。
 そして上の画像でも分かりますが粒子は粗く沈むのも早い。いろいろ試し吹きとかしてますがまだまだコツが掴めない。0.3mmだとつまり易いということで0.5mmのエアブラシで吹きましたが、加減によってはやっぱりつまり気味になることも。

 じゃぁ、筆で塗ろうぜ!とか思って、塗ったのですが、粒子が均一にならないのでメッキカラー以上に筆塗りはアウトっぽい。

lib611

それなら、蛍光粒子だけ取り出して、エナメルクリアに混ぜて蛍光スミイレとかどうよ? って考えたのですが同じく粒子が均一にならないという理由で実現ならず。

 マスキングシート作れなさそうなマークはさすがにデカールにした。

lib614

色違いすぎるけどこれはこれでありかな?ブラックライトあてるとほぼ同じ色になるという不思議。
 このデカール貼って気付いたのだけど、マスキングにしろデカールにしろ結局ディテールの凹凸との戦いな感じなんで最悪やり直せるマスキングの方が精神的に良い気がした。
 事故らなければ3月中には完成させたい希望。(次の更新はきっと3月以降だろうというフラグ

 あ、ちなみに煙突のバイナルパターンの向き間違いました。直す気力はありません。

ふたまるひとろく

 2016始まった。
 ということで、先日買ったWAVEの1/35スコープドッグターボカスタムをTV見ながらパチ組んでみた。ターレットレンズの構成は定番な構造なのですが上半身はかなり斬新。それ以外は特筆する構造は無いように感じましたが比較的組みやすい。ただ、ポリキャップが一部硬くて差し込みづらい。個体差かのかもしれないけど、パーツが細かいので何も考えずに組んでるとポキっとやってしまいそうな感じ。あと、脚部裏のジェットローダーの部分は出して置かないと納まりが悪い。
 プロポーションは良い。やはり武装関係ついてるとしっくりくるよね。これがベースのSTも出るんだと考えると、来週も、キリコと地獄に付き合ってやっても良いかと思う。

 去年は結局ガレキ6体組み立てたあとに「俺タワー」にハマってしまって模型そっちのけにしたので今年はもうちょっと組み立てたい希望。
 まずは去年の11月から手を付け始めたアオシマの「1/700 蒼き鋼 イ401 アルス・ノヴァ モード」を完成させたいのですが、人生初戦艦プラモってことで全然勝手が分からず遅々として進まず。

lib605

 でも形になってくると楽しいのはジャンルを問わずってことで。

 あと「俺タワー」。ちょっと昨年末のイベントが面白く無さすぎて離れ気味だったのですが、結局戻ってきてしまった。

lib606

 こっちはほどほどにしておかないと、プラモどころじゃないのでなんとかしたい。でも、うっかり福袋買ってしまったので元取りたい気はあるんですがぁ。

WAVEの新しい最低野郎

 やっと出た。という気がしなくもないのですが、ちゃんと出たので何の問題もないのです。
 ということで、WAVEの「スコープドッグ・ターボカスタム ザ・ラストレッドショルダー 4体セット」が発売になって無事到着。つか、箱の角ちょっと潰れたんですが年末だからですかね?
 バンダイもプレバンのみでターボカスタム出したのですが、どうも足が長い気がして&ミッションパック無いのかよ!てな感じでスルーした。一方、WAVEのターボカスタムは「そうそうこんなバランス!」って感じで当然の如く予約購入。
 ささっとパチ組みしてそのプロポーションを確認したかったのですが、他にやることあったのでお正月の楽しみにしようかなー、と。

lib601

 塗装サンプルがデカくて豪華っぽいのですが、実用性としては使いづらいだけな気がします。あとは4体塗る気力は必要だと思う。

 それはそうと、ちょっと前に「GSR マスクゾル」が発売になりました。

lib602

モデラーズの「マスクゾル」が生産中止になって、それと似た特徴の「GSR 解決!ゾル」が発売されてマスキングゾルの悩みは無くなった!と思っていたら、ちょっと前から見なくなって、またマスキングゾルに悩むのか!と思っていたところにGSRから「マスクゾル」が発売という流れ。
 当然、その使い心地は買って試すしかないので、即購入&試してみましたが。

lib604

もうほとんど、モデラーズの「マスクゾル」と同じ。粘度も塗りやすさも乾燥時間も剥がれ具合も求める品質で一安心。
 また市場から無くなったりすると困るから買い溜めしておくべきですかねー。まぁ継続的に生産・販売してくれれば問題ないのですけどね。

ガンダムフォートゥッティ

 ガンダムは変わらずそこにあることに意味があるんじゃないかと思うようになってきた。
 ということで、ひさしぶりに「ガンダムフロント東京」に行ってみた。いろいろ変わったとは聞いてたけどだいぶ変わってた。

lib599

まず、DOME-Gのムービーが3種類になってた。全部みるのに出たり入ったりで忙しくて展示物見る暇ないじゃん!なんて思ったんですが、企画展示エリアが無くなってそこにガンプラファクトリーとガンプラ体験エリアが出来てた。
 ファクトリーの方は小型の射出成形機が置いてあってポロポロランナーパーツが出てくるのを見れるのは割と楽しいです。そしてこの小型射出成形機で作っている GFT Ver.のガンダムヘッドパーツがもらえます。でもガンダムなんだよねー、特殊造形のザクパイプとかプレゼントするとモデラー需要で繁盛するんじゃないかと思うのですがダメですかね? 超鎖仕様のガンダムハンマーとか。
 他にもストライクフリーダムの有料撮影も無くなってた。コアファイターとア・バオア・クーは置いてあったけど。。3種のムービーもそれほどインパクトはないし、企画展示がないとまた来ようって気にならないよねー。
 かわりに無料エリアであるオフィシャルショップの内容が充実してた。というか、GFT Ver.のガンプラこんなにあるの!とビックリしましたよ。そして主に素組みのガンプラが堪能できるガンプラTOKYOは外国人比率高くてビビる。iPhoneでガンプラ映しながらどこかとビデオチャットしてる人が居たことにさらに驚いた。
 またしばらくはゆりかもめ乗りながら「はいはい、ガンダム、ガンダム」っていう感じで良い気がします。
●ガンダムフロント東京: http://gundamfront-tokyo.com/jp/

 あと「ガルパン劇場版」2回目観てきた。新潟で1週3日目に観に行った時はそれなりの入りだったのですが、池袋の4週1日目は満席だった。フィルム効果だとは思うけどすげーな。他人のことは言えないがー、別にフィルムに釣られたわけじゃないんだからね

lib598

●ガールズ&パンツァー: http://girls-und-panzer.jp/

 さらに「響け!ユーフォニアム 番外編先行上映会」の抽選に当たったのでイベント後の体力切れの状態で見に行った。

lib600

明日16日発売の DVD/Blu-ray7巻に収録される番外編の先行上映なのですが「葉月」のお話しでした。ホロっとする! ユーフォはやっぱりいいね! って言わざるをえない。劇場版は来年4月からなんで運よければまたGWのイベントの時にでも観れるかな!って思う。あと声優さんかわいくて目の保養になった。つか女子を正々堂々凝視できるっていいね!(ぉぃこら
●響け!ユーフォニアム: http://tv.anime-eupho.com/

「トレジャーフェスタ in 有明14」お疲れ。

 今回は帰ってきたのがいつもより遅かったので、ソッコーお布団にダイブして寝た昨日ですが「トレジャーフェスタ in 有明14」に行ってまいりましたよ。
 冬のイベントに行ったの3年ぶりな気がします。なんとかがんばって年2回くらいは行きたいんだけど、来年のトレフェス予定が未定とか不安しかないな。
 来週あるホビーラウンドとディーラーが割れたのは明らかで、共倒れにならんことを祈りたいですが、両方に出るディーラーさんは気力・体力あるなぁ・・と。
 ということで、今回買ったものは5つ!数は少ないが単価高いぜ!買った順で
・艦これ-愛宕- (キューズQ
・高垣楓 (硫黄泉
・DELTA (atomic-bom
・1/20 バーグラリードッグパーツ 孤影再びver. (ランペイジ
・宮園かをり (ATELIER HIRO
3つめまでは事前リサーチで買うと決めてたものだったので無事買えたので満足。「バーグラリードッグパーツ」は現場で悩むと決めてたブツ。結局買った。逆に言うと事前リサーチ以外でこれぞ!っていうのが少なかったのかな? 「宮園かおり」はイベント会場で見て、サンプルの塗装表現が作品の雰囲気マッチしてるかなー、なんて何回も行ったり来たりで決めた。
 そして、ついに艦これキットを入手できたのですよ。キューズQさんは自前でキットの通販しているので完成品で愛宕が出るって見たときから出たら買うぞ!と決めていたのですが、無事入手出来てよかった。高雄も出るってことでこちらもキット入手したいぞ。
 パーツチェックしたのですが、愛宕の髪の毛クリアーパーツだった。なんかこれだけでハードル上がった気がする。
 さらに多分初の「メカ改造キット」のバーグラリードッグパーツ。こちらも通販してるんですが、買おうと思ったときに品切れしてるとか、税込+送料を考えると躊躇していたのですがイベントならと購入。こっちはパーツ数半端なくて組み立てる前からビビってる(笑

 そして、帰ってきた私を待っていたのはボークスのインジェクションキット「1/35 ベルゼルガBTS2」。

lib597

「テスタロッサ」が出た時もかなり悩んだのですが、「テスタロッサ」自体が微妙にAT感薄いので購入見送ったのですが、ベルゼルガなら買おうじゃないかと! 次のインジェクションキットは「ゼルベリオス」らしいのですがスケールが1/24ってことでサンプル観てから悩もうかなと。
 それよりB社はどうなった? あ、W社の4体セットは予約済みですよ?


当サイトは、大っきなお子様向けのコンテンツを多量に含んでおりますのでご注意ください。なお、誤字・脱字は各自脳内補完をお願いいたします。
本ウェブサイトに掲載する情報はそれなりのソースを元に構成されておりますが、多分に妄想・幻想・思い違いが入りこむ場合があります。
要は記事の正確性としてはかなり怪しいので、本ウェブサイトの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負えないですよ?
HTML5+CSS3の為IEで正常に表示されないのは仕様です。気が向いたら順次直していきます(予定)むしろIE無くなればいいのに。
管理人は基本的に Firefox(release) で検証してます。一部のページで JavaScript を利用しています。OFFでも大丈夫な設計をしていますが、ONの方が幸せです。
応援バナーやAA以外は外部コンテンツ、スクリプトを呼んでいませんのでRequestPolicyで外部コンテンツを遮断しても大丈夫。